50代60代のミニマルビジネスと働き方

人生後半戦はやりたいこと・得意なことを仕事にして働くために


ブログのタイトルを「人生後半戦のミニマルな働き方」から変更しました。

人生後半戦の働き方

「仕事」にとっての「モノ」とは「生産物及びサービス」であり、「働き方」の「モノ」とは生産物及びサービスを産み出すための「原材料・設備・備品・道具」になります。


◆仕事にとってのモノを変える

仕事にとっての「モノ」とは、自分の持つ価値を具現化した「製品・商品・サービス」です。「モノ」を変えるとは自分の持つ価値から今までと異なった「製品・商品・サービス」を作り出すということです。他の項目と比べて「モノ」の変え方にはアイデアの発想が必要です。アイデアの発想については、次のオズボーンのチェックリストを参考にしてみてください。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生後半戦の働き方

「仕事」にとっての「ヒト」とは価値を交換する「相手(他者)」のことであり、「働き方」の「ヒト」とは同じ価値観を持って「共に働く人」になります。


◆仕事にとっての「ヒト」を変える

価値を交換する「ヒト」で最初に考えられるのが「顧客」です。顧客は、消費者(Customer)という言葉が一般的に使われています。もう1つの考え方として消費ではなく利用する人という意味でユーザー(User)も使われています。業界によっては、クライアント(Client)、ゲスト(Guest)も使われますし、会員制ではメンバー(Member)なども使います。いずれにせよ「顧客」です。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生後半戦の働き方

◆第4次産業革命

前回参考にさせていただいた資料は、平成28年10月の中小企業庁の「中小企業・小規模事業者の現状と課題」(PDF)ですが、この中に「第4次産業革命」という資料があります。一般的には2010年頃からと言われています。日本が東日本大震災に見舞われた頃です。世界では着々とロボット技術、AI(人工知能)技術に力を注いでいました。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

◆大企業より中小企業

「仕事と働き方」を変えなければならないのは大企業で働く人ではなく、中小企業で働く人です。大企業で働く人は会社や組織が考えてくれますし、自分だけが違う仕事や働き方を考えても受け入れられることは少ないと思います。中小企業では小回りが利くので「仕事と働き方」を変えることは容易だと思う方もいるでしょうが果たしてそうでしょうか。

人生後半戦の働き方


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生後半戦の働き方

◆仕事の変え方

「仕事の変え方」とは転職のことではなく、「仕事の意味」の変え方です。「仕事の意味」とは、自分の行っている「仕事に対する考え方」です。まずは「自分の仕事に対する考え方」を振り返ってみましょう。仕事を働くこと、仕事を職業や職種と考えている人も多いと思います。それは間違いではありませんが、それは自分で考えたことでしょうか。それとも誰かから教わった、もしくはそう思うことが当たり前だと考えていませんか。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ