人生後半戦50代60代のミニマルビジネス・仕事と働き方ともろもろ

人生後半戦の仕事は誰かのため、働き方は自分のため、50代60代は副業・兼業・起業で定年のない人生を


人生後半戦の働き方

「50代60代は働き方を変える準備をしなければならない。何から始めて分からない人は自分が置かれている状況が分からない人である」と前回の最後にお話ししました。今回はその続き「なにから始めるか」についてお話しします。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニマルビジネスという仕事と働き方 #8 雇われる働き方と雇う働き方

雇われる側と雇う側

現在の働き方には、雇われる働き方と雇う働き方があります。雇われる働き方とは労働の対価として金銭等の支払いがあり、雇う働き方とは労働の対価を金銭等で支払う他に、自らの労働に対しては経営の対価として金銭等の対価を得ている働き方です。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニマルビジネスという仕事と働き方 #7 中小零細個人企業の50代60代

定年本著者は

本屋さんには定年本が並ぶ昨今です。定年本を書かれている方はすでに定年を迎えた方か、もしくは大企業経験者が多いように思うのですが、気のせいでしょうか。今回は中小零細個人企業の定年後についてお話しします。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニマルビジネスという仕事と働き方 #6 組織への所属と参加の違い

組織に所属しながら

50代60代にとって組織に所属しながら個人で仕事をするということが雇用延長と共に話題になっています。副業・兼業・起業という考え方です。前回の個人経営という考えと併せて今回はお話ししたいと思います。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニマルビジネスという仕事と働き方 #5 雇用継続とミニマルビジネス

過去と現在から考える 
50代60代になって今後の仕事と働き方にはいくつかのパターンが考えられます。将来の仕事を考えるときには、過去と現在の仕事と働き方との比較になります。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ