人生後半戦50代60代のミニマルビジネス・仕事と働き方ともろもろ

人生後半戦の仕事は誰かのため、働き方は自分のため、50代60代は副業・兼業・起業で定年のない人生を


人生後半戦の働き方


◆誰でもできる・初心者でも・稼げる

前回は、副業・兼業を始めるときには「目的・手段・理由」を考えましょうと、少し遠回りをしました。どんな副業・兼業があるのか、それは自分にできるのかということを知りたい人が多いと思います。「副業」「副業 簡単」「副業 ネット」などで検索すればたくさんヒットします。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生後半戦の働き方


◆副業・兼業の目的は

副業・兼業を始めるときには、まず時間が必要になります。空いてる時間で副業・兼業を始めようとする人もいますが、あまりおすすめしません。副業・兼業を始めるときは目的を持ちましょう。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生後半戦の働き方


◆副業・兼業が認められる


総理大臣の諮問機関である「働き方改革実現会議」では副業・兼業の促進が謳われ、厚生労働省の「モデル就業規則」から副業兼業禁止規定を「原則禁止」から「原則容認」に転換すると報じられています。副業・兼業が従来の制度、慣習から一転して積極的に促進されるようになりました。「働き方改革実現会議」ではイノベーションの促進・人材確保・人材育成・創業の促進等と掲げられていますが、いったい何が変わるのでしょうか。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

df7ab1b524644b04dc4c8e58b35c94de_s

ニューシニア世代が「仕事」と「働き方」を変えるときのポイントです。

1.ヒト

仕事のヒトは顧客であり、顧客のイメージを変える
働き方のヒトは人間関係であり、ヒトとの付き合い方を変える


続きを読む

人生後半戦の働き方

「仕事」における「マインド」とは「目的に向けての行動を支える気持ち」になります。「働き方」は「仕事を行動をもって示すこと」であり「自分が行動する方法」になります。「気持ちを込めて行動すること」が「良い仕事と良い働き方」になるのではないでしょうか。

◆仕事と働くことの関係

の関係は集合体であり、仕事の目的は社会への貢献です。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ