d98d34e32db0dc83274c78b95e755674_s


前回は「好きなことをする」と「やりたいことをやる」の違いについて考えてみました。今回は「できることをやる」について考えてみたいと思います。



副業を始める準備期間をできるだけ短くするためには、「今、できること」の中からすぐにでも始めたいという気持ちがあると思います。この時の目的というのはおそらくは、お金が必要だという経済的、金銭的なことが目的だと思います。


◆時間があればできること

誰もが共通して持っているお金に変えることができる資産というのは「時間」です。時間さえあればアルバイトはできます。ただし得られる金額は違います。

医師のアルバイト(非常勤)ですと全国平均で約1万円ですが、他の職種の全国平均は千円弱です。職種・経験・技能によって大きく異なります。またアルバイトと言っても単発の1日限りではなく継続して勤務することが条件になります。こうなると時間はあっても「できること」は限られてきます。

人生後半戦の働き方


◆基本的にできること

アルバイトを行う上では基本的な条件をクリアしていることが必要です。まず時間を提供して働くということは、雇用主側にとっては時間通りに働いてもらうことが条件となります。

一般的に緊急事態を除いて遅刻・早退・欠勤は仕事に支障をきたしますので、そのような可能性がある場合はアルバイトと言えでも採用にはなりません。健康状態や家庭環境、過去のアルバイト経験などから判断します。ニューシニア世代では、健康状態が大きな判断基準となります。


◆人間的にできること

アルバイトというのは一人で働くことは少なく、補助的な役割が多くなります。経験を積むことによってアルバイトのリーダー的な存在にはなることもありますが、ほとんどの人は補助的な役割が多くなります。

集団で働く時にはコミュニケーションが必要になります。言葉遣い、理解力、伝達能力、調和能力なども必要になります。ニューシニア世代のアルバイトになると、年下のアルバイトもしくは指示監督者と働くことも多く、人間的な振る舞いが要求されます。


◆能力的にできること

本業で身についている経験と技能(キャリアとスキル)を活かせるアルバイトもあります。そのようなアルバイトに就く時には、本業との兼ね合いが非常に重要になります。いわゆる守秘義務というルールです。本業でも副業でも守秘義務を守れない人は仕事に就けません。

またどんなに経験と技能を持っていても業種、職種が変われば役に立たないこともあります。例えばパソコンを使えますと言っても、特定のソフトを使えなければ意味はないのです。

人生後半戦の働き方



◆ニューシニア世代のできること

定年後に「やっておけばよかったこと」の中には、「資格を取得しておけばよかった」「もっと勉強をしておけばよかった」ということが必ずといってよいほどあげられます。資格も勉強も実務につながらなければ、それは「できること」にはなりません。

また過去の知識や経験は、これからの仕事に役立つとも限りません。「手に職をつける」ということは、資格や勉強だけでなく経験も必要になります。ニューシニア世代にとってはすでに遅いということも多々あるのです。


◆「できること」をやるの意味

「できること」をやるの意味は、「今までできたことをやる」ということで新たに始めるということではありません。今やっていることが多ければ多いほど、できることの範囲は広がります。例えば、車の運転ができる人は、車の運転をする仕事ができるようにです。

ただし、基本的なこと、人間的なことで仕事に就けるかどうかは別のことです。「今やっていること」が多くても仕事のレベルにはならないという場合もありますが、「ないよりはまし」ということです。「できることをやる」の本当の意味は「行動に移す」ということなのです。


次回は「やらなければならないことをやる」ということについて考えてみたいと思います。