5e9b9ce3f76ecc0b0ffa6dac3aa05af9_s


前回は、「支出のための収入」から「収入に合わせた支出」への転換期について考えました。
人生後半戦にはもう1つの転換期があります。それは「仕事と働き方」の転換期です。


◆仕事と働くこと

「仕事」と「働くこと」を同じ意味で使いがちですが、これを別々に考えることができなければ話は進みません。



「仕事」とは「自分が社会と関係を持つこと」「社会に貢献すること」「社会に価値を提供すること」など常に社会という相手がいることになります。孤島で自給自足をして社会とまったく関係を持たない人は仕事をしているとは言えないでしょう。

「働き方」とは「自分の価値の提供の方法」です。時間と能力を提供するほかにも、金銭的な提供、物的な提供、情報の提供などがあります。誰もが共通して持っている時間という尺度で考えるのが一番容易ですの、働き方を変えるときには時間が対象になりがちです。


◆自分の見直し

人生後半戦になると「仕事」の考え方が変わってきます。社会との関係よりも、より狭い個人と関係、さらに自分のための仕事というように見直すことが多くなります。仕事を辞めると社会との関係性が持てなくなるのではないかという不安もありますし、実際に定年後の課題の1つになっています。

また「働き方」においては、組織で働いている人は縦と横のつながりが見直すようになってきます。自分の価値を社内での価値基準で判断してしまい、価値を増やす方法を探し出します。一方で個人で働いている人は、自分の価値の変化に気づくのが遅れてしまいます。

人生後半戦の「仕事」と「働き方」のパターンは、自分と組織、自分と社会、つまりは自分の見直しから始まるのです。


◆いつまで働くか

「人生後半戦の働き方」を考えるときには、いつまで働くかということを一番最初に考えなければなりません。死ぬまで、働けるまで、いつまでとは言えない、という人は、仮にでも働く期間の目標を作るべきだと思います。目標がなくては計画も、働き方も考えることはできません。

次に考えるのが、組織で働くのか、個人で働くのかということです。組織で働く時は、契約期間(定年)まで働くことになります。個人で働く時は、前述のいつまで働くかの他に、仕事の終い方を考える必要も出てきます。組織は自分が辞めても仕事は続きますが、個人では働くことの終わりは仕事の終わりを意味するのです。

人生後半戦の働き方


◆時間と能力

どのような理由でも、働いていたい、または働かなければならないという人ならば、常に自分の「時間と能力」の管理を行わなければ、働き続けることはできません。「時間」は誰でも共通に持っているものと書きましたが、現実的には「時間と能力」は常にペアになっているのです。

時間だけを提供するので働きたいと言っても、受け入れる側にも時間だけが必要なら機械化でもよいということになります。「働き手」を求めているということは「時間と能力」を求めているということです。「誰でもできる」という働き方はないのです。

◆仕事よりも働き方

人生後半戦の「仕事」と「働き方」を考えるときには、最初に「働き方」を考えてみましょう。「働き方」を先に考えると仕事の範囲が狭くなると考えるという人もいます。前回の記事にも書いたように人生後半戦は下り坂ですので、上手に下るためには道を選ぶ必要があるのです。

なんでもできる、まだまだできる、若い者には負けない、キャリアとスキルがある、それは自分で言うことではなく他の人が評価するきに使う言葉です。「働き方」を決めて、その中でできる「仕事」を選び、自分の「時間」と「能力」を最大限に注ぎ込むことができるようにするのが、人生後半戦の「仕事」と「働き方」だと私は考えます。


次回は「なぜ副業なのか」ということについて考えてみたいと思います。