人生後半戦の働き方


副業の目的で最も多いのは「収入のため」です。ニューシニア世代にとっては、定年後も続けられる仕事かどうかも気になるところですので、「経験と時間」も含めて考えてみました。本業在職中の副業と定年後の副業についての違いも併せ考えてみたいと思います。




◆時間で働く

「時間」の対価として収入を得るには「時給」の高い副業が望ましいのは当然です。時給が高いのは「応募人数が少ない業種・職種・時間帯」です。例えば、3K(キツイ・キタナイ・キケン)という業種・職種は時給が高く設定されています。また、深夜の時間帯なども時給が高い職種が多いと言えます。


◆資格で働く

同じ時間で働くのでも「資格」がなければならない職種も時給が高く設定されています。すでに資格を持っている人はよいのですが、これから資格を取って副業として始めるには遅すぎます。収入を目的とした副業ではなく、本業として起業する準備であればよいとは思いますが体力勝負になります。


◆時間も資格もない

高い時給の条件で働くこともできない、資格もないというのであれば、時給ではなく副業にかける時間を多くとることが必要になります。そのためには、本業の時間が固定できあること、生活の時間を圧迫してもよいことが条件となります。収入は「時給×時間」で決まるのですから。

◆時間で働かない

「時間」で働かないということは、仕事そのものの対価として収入を得ることになります。仕事そのものというのは、仕事の「成果」ということになります。1つの成果で1,000円のこともあれば10円のこともあります。例えば、2000文字のレポートを書いて5,000円という評価もあれば、1文字0.3円で600円ということもあります。

人生後半戦の働き方



◆時間帯で働かない

固定された時間帯ではなく自由な時間帯で働くこともできます。給与・報酬という形での収入ではなく、自分で仕事を作って働く働き方です。ゼロから仕事を作る方法もありますし、フランチャイズや代理店制度を利用して既存の仕事を自分のものとして働く方法です。


◆代理店とフランチャイズ

健康食品や保険の代理店、修理・修繕・清掃などのフランチャイズを副業とする方法もあります。これらの方法は、知識・技術・制度を身につけるの教育研修期間と開業資金が必要になります。また開業してからのサポートを受けるためにもロイヤリティは避けられません。


◆ゼロから仕事を作る

ゼロから仕事を作り起業する方法もあります。ゼロから作ることよって自分の思い通りの副業の形を作ることができますが、当然のことながら誰でもできることではありません。ゼロから作ることだけを考えると難しいのですが、考えることだけは誰でもできます。難しいのは行動に移すことです。


次回は「副業に向けての行動」について考えてみたいと思います。