人生後半戦の働き方
収入を目的とした仕事を職業とし行うときには、組織に属する働き方と個人で仕事をする働き方があります。人生後半戦はどちらの働き方が自分に適しているのかを考えみてはどうでしょうか。



人生後半戦は50代から始まる


人生後半戦には節目がある

人生後半戦には65歳と70代前半に大きな変化があります。65歳は定年退職年齢と年金受給年齢、70代前半は健康寿命を迎えます。公務員も65歳に段階的に移行するので65歳で一区切り、また健康寿命の男女差も約2歳ですので70代前半にも節目があると言えます。

健康寿命と老後の始まり

健康寿命を迎えると「健康上の問題で日常生活に影響が出る」ことになり「老後」が始まります。日常生活に影響があるかどうかは自分で判断することですので個人差はありますが、自覚するようなことがあれば老後が始まった考えた方がよいでしょう。

老後には老後の働き方がある

老後が始まっても直ぐに老後の働き方に切り替えることはできません。老後には老後の働き方があります。老後の準備を始めるのは何歳頃でしょうか。65歳から老後の準備を始めるか、それとも65歳より老後の準備を始めるかのどちらかになります。

定年後は仕事をしないという選択

「老後は仕事をしない、働かない」という選択もあります。この場合の「仕事をしない、働かない」というのは収入を目的とした仕事に就かないということです。そうなると、老後に入る前に収入を確保していることが必要です。老後ではなく定年後は仕事をしない、働かないという選択もあります。定年前に収入を確保していることが必要になることは言うまでもありません。

老後の収入をいつから考えるか

老後の収入を確保することだけが仕事の目的ではありません。今現在の仕事は、毎日の生計を維持するためにも働いていると思います。現在の収入と老後の収入の両方を考えるのはいつからからか、これが人生後半戦の始まりになります。65歳という節目の年齢から逆算すると50代半ばから後半にかけては考えなければならないでしょう。

人生後半戦は50代から始まる

50代後半には老後の準備を考えなければならないと書きましたが、それ以前から考えることもできます。個人の生活環境によって大きく変わります。独身、夫婦2人、扶養する子供と同居、介護する親と同居などいろいろな条件を踏まえて考えなければなりません。50代になったら人生後半戦について考えることが肝要になります。



組織で働くか?個人で働くか?


組織に属して働く

仕事をするときには、組織で働く場合と個人で働く場合が考えられます。ただし基本は個人です。個人が組織に属しているだけで、組織が個人を産み出すわけではありません。個人が組織に属するときも「正規・非正規」という分類があります。何が違うかというと賃金体系や福利厚生などの待遇が違います。

2人以上で働けば

収入を目的として働くときには、賃金体系や福利厚生などは重要なことです。収入以外を目的としているときは、これらは2次的なことになります。組織には大きな組織から小さな組織まであり、2人以上で働くときは明確なルールはなくても組織として働くことになります。

個人での働き方はいろいろある

個人で働くというと、個人事業主やフリーランスを思い浮かべることが多いと思います。個人事業主とは税法上のことだけで、1人でも会社(法人)を設立している人もいますし、個人事業主でも使用人を使って組織的に働いている人もいます。また大きな組織に臨時で参加して働いている人もいれば、まったく1人きりで働いている人もいます。

組織名で働くか?個人名で働くか?

現在の仕事は組織名で働いているでしょうか、それとも個人名で働いているでしょうか。個人で仕事をしている人は、屋号などで働いているでしょうか、個人名で働いているでしょうか。名刺を渡すとき、自己紹介をするとき、どのように自分を憶えてもらうでしょうか。

何によって憶えられたいか

ドラッカーの「プロフェッショナルの条件」に「何によって憶えられたいか」と書かれています。また「50歳になっても答えられなければ、人生を無駄に過ごしたことになる」と続けられています。収入を得るための仕事、自分の職業を説明するときに「組織名」なのか「個人名」なのかということになります。

人生後半戦の働き方は個人優位

人生後半戦はどこで働いているか、どこで働いていたかではなく、自分の名前で働くことになります。組織の場合は事業・業務・職務で、個人の場合は業種・職種・担当で説明することが多いと思います。一般的には肩書きで説明することに慣れているのではないでしょうか。人生後半戦は肩書きではなく個人名で働くことになります。



人生後半戦は収入ありきで語られる


人生後半戦の収入は

収入には、働いて得られる収入と働かずに得られる収入があります。働いて得られる収入には賃金・給与・ボーナスなどがあり「労働所得」と呼ばれます。働かなくても得られる収入には、株式配当・利子・賃貸収入などがあり「資本所得」と呼ばれます。また、年金・相続・資産売却などの収入もあります。働かずに得られる収入を「不労所得」とも呼びます。人生後半戦はどの収入によって賄われるのでしょうか。

人生後半戦から不労所得を

人生後半戦で不労所得を得る方法は、金融・不動産・投資など多くの媒体で紹介されています。ピケティの「21世紀の資本」でも不労所得である資本所得と労働所得の格差が大きくなっていると書かれているのを読んだ方も多いでしょう。人生後半戦は、老後を考えると不労所得を得たいと考えることも理にかなっています。

不労所得はまったく働かないのか

実際には不労所得を得るためには多くの知識も必要ですし、収入を得るタイミングを計ったり、委託する業者の選定や人間関係にも気を配らなければならないので、まったく何もしないということではありません。収入を得るためにはなんらかの労働、働くことが必要なのです。


◆◆◆◆◆


人生後半戦には大きく2つの期間に分けられます。人生後半戦スタート時期と老後のスタート時期です。どちらも年齢で決めるのではなく自分で決めます。人生後半戦のスタート時期は老後の準備を考え始めたとき、老後のスタート時期は健康寿命に達したと感じたときです。

私は統計上の健康寿命である70代前半よりも10年以上早くに健康寿命に達したと思っています。想定外の早さでしたが、人生後半戦が始まった時から受け入れる覚悟はできていました。ただ実際にはこの2ヵ月間ほど思っていたほど体が動かないことがわかりました。

次回は、仕事あっての働き方ですので、仕事について考えてみたいと思います。