50代60代の仕事と働き方 #番外編 良い話もあれば悪い話もあるのだが

50代60代にもいろいろある

50代60代と一括りにしてもいろいろな人がいろいろな状況の下で働いている。もしかすると働いていない人もいるかもしれないし、何らかの事情で働けない人もいる。同じ定年でも退職金も年金も違う。同じ条件の人はいない。



定年後の仕事はいろいろあるが基本は非正規


男性と女性・組織と個人

もっとも大きな違いは男性と女性の違いである。50代60代になると女性よりも男性の就業率が高くなる。一方でパート・アルバイト・派遣の求人は男性よりも女性の方が多い。組織で働いている人に定年はあるが、個人で働いている人は定年がない。健康状態もさまざまである。

なのに一括りで「50代60代」を対象にブログを書いていることに抵抗があった。今回はもう少し細かく「仕事と働き方」について考えてみたい。

定年後の仕事

定年後の仕事は50代から考えた方がよい。定年の主な仕事は雇用延長で働く場合は決裁権のない仕事になることが多い。自分が働いている組織で決裁権のない仕事を思い浮かべてみるとわかりやすい。

関連会社・関連団体に移籍することも考えられるが、役職はあってないもの、その他大勢となると思っていた方がよい。それでも給料はもらえる。

主婦・共稼ぎの仕事

ご主人が定年になると、パートや共稼ぎで働いて女性も仕事を辞めるかというとそんなことはない。ご主人が在宅で居る時間が長くなると生活のリズムも変わる。

これを胡散臭く思ってはいけない。ご主人は家で日中に過ごすリズムがわからないのだ。定年を機に、もしくはその前に在宅のリズムを身につける躾をした方がいい。

定年後の仕事は非正規

定年後の仕事を賃金労働として働くのであれば、非正規で働くことが多い。男性は、警備・清掃・工場や流通の裏方・夜勤がある仕事などとなる。これらの仕事は肉体系・マニュアル系の仕事で健康でなければ勤まらない。

女性は、そもそもが非正規の仕事に就いていることが多く、清掃・調理補助・コールセンターなどの非正規を対象とした職種が多い。つまり年齢とは関係なく働くことができるが、経験者が優遇される。また女性特有の派閥、お付き合いもある。




定年後の仕事として注目される介護と起業など


介護の求人が多いのは

高齢化社会が進むと同時に要介護者も増えてくる。事業者が要介護者を介護する割合は約15%に過ぎない。約70%は家族が介護を行っている。女性はホームヘルパーとして働く人も多く訪問介護を担っている。男性は事業所で送迎や施設管理などの仕事を行う。

事業所で働くには、事業所のシフトに従って働くことになるので、正規・非正規を問わず重労働となる。介護業界は従業者数の絶対数が慢性的に不足しており、また短期で入れ替わることが多い。なにより人間相手なので介護とは言えどもコミュニケーション能力は必須である。

    参考:要介護者等からみた主な介護者の続柄(平成29年高齢者白書)

起業を勧める人もいるが

定年後に起業を行うとは個人で事業を起こし、賃金労働ではなく自分で稼ぐということである。自分が好きなことを行うだけでは稼ぐことはできない。お金を支払う顧客が認めることを行わなければならない。
定年になって準備するのではなく在職中に準備することである。そのために副業・兼業を行うべきである。

起業するためには2つの重要なことがある。稼ぐとは「売上ー経費=利益」という当たり前の式を身につけることである。1つの取引ではなく最終的に利益を出さなければ稼ぐことにはならない。
そして稼ぐためには「顧客」が必要であり、良いアイデア・良いモノ・良いコトだけでは起業はできないのである。

ボランティアもいいが

ボランティア、特に無償で行うボランティアは感謝されることばかりだと思っている人がいる。ボランティアを受ける側の立場になって考えればわかることだが、無償で行ってくれると同時に良いサービス、優れたサービスを受けたいのは言うまでもない。

ボランティアを行う人は、時間と労働力の提供だけではない。ボランティアを受ける人が満足するような知識と経験がなければならない。ボランティアを善行と考えるだけでなく、目的と手段を理解した上で取り組まなければならない。ありがた迷惑と言われては元も子もないのだ。

投資・趣味・生きがい

定年後に初めて投資を始める人は少ないだろう。投資には利益もあれば損失もある。冷静になって考えればわかることだが、投資を行って一喜一憂しているのでは冷静とは言えない。投資は定年後に行うビジネスではなく、長年の経験と学習が必要であることを忘れてはならない。

趣味で稼ぎたいと考えてはいけない。「稼ぎたい」と考えた時からビジネスになっているのである。趣味は支出だけ、収入が伴わないから楽しいのである。収入を考えた途端に自分の好きなことではなく、お金が払う人が好きなことに変わってしまう。趣味と趣味の延長のビジネスとは違う。

最後に定年後の「生きがい」を求めて働く人がいる。「生きがい」を求めて働く人は正論を言うことが多い。確かに正論ではあるのだが、自分ひとりで働いていない場合は同調することも忘れてはならない。悪事やマイナス要因を見逃せというのではない。お金のために働いている人もいるのだということを忘れないで欲しい。さもなければひとりで働く道を選ぶべきだろう。




◆◆◆◆◆

今回は、雑多なことを番外編としてお話しした。自分の中で「50代60代」と一括りにしていたことに違和感を感じていた。一方で「枝葉にとらわれ森を見ず」にもなりたくない。定年後は良い話も悪い話もあるのだ。悪い話は経験したくない。ただ良い話も悪い話も知識としては身につけておくべきだと思う。

次回からはブログの基本である「ミニマルビジネス」を軸にしてお話ししたいと思う。