人生後半戦のミニマルな働き方

50代60代のためのライフワークとなるミニマルビジネスの始め方


カテゴリ:ニューシニアの働き方 > ヒト

人生後半戦の働き方2

前回は「できることを得意なことにする」ということについて考えてみました。そのためには「自分の能力を上げるために人間力が必要である」としました。今回は「人間力」についてです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Embed from Getty Images

前回は「好きなことををやりたいことに変える」と題して考えてみました。今回は「できることを得意なことにする」として、自分の能力と能力をアップさせる方法について考えてみたいと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生後半戦の働き方2

ミニマルビジネスのコアは、他でもない「自分自身」です。
「企業は人なり」と言われていますし、これからも言われるでしょう。企業に限らず、事業は人なり、起業は人なり、なのです。そもそもビジネスを行うのは人間だけなのです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生後半戦の働き方

「仕事」にとっての「ヒト」とは価値を交換する「相手(他者)」のことであり、「働き方」の「ヒト」とは同じ価値観を持って「共に働く人」になります。


◆仕事にとっての「ヒト」を変える

価値を交換する「ヒト」で最初に考えられるのが「顧客」です。顧客は、消費者(Customer)という言葉が一般的に使われています。もう1つの考え方として消費ではなく利用する人という意味でユーザー(User)も使われています。業界によっては、クライアント(Client)、ゲスト(Guest)も使われますし、会員制ではメンバー(Member)なども使います。いずれにせよ「顧客」です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事と働き方の7原則(1)~ヒト

◆仕事の「ヒト」とは

経営資源での「ヒト」とは組織で働く人、個人の場合は自分自身ことを指します。

仕事での「ヒト」とは「顧客」、仕事をすることで便益を提供する相手を意味します。
便益とは有形、無形を問わず顧客(仕事相手)の利益になること、得すること、為になることなど、相手が喜ぶことを意味します。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ