人生後半戦50代60代のミニマルビジネス・仕事と働き方ともろもろ

人生後半戦の仕事は誰かのため、働き方は自分のため、50代60代は副業・兼業・起業で定年のない人生を


カテゴリ:過去のカテゴリー > カネ

人生後半戦の働き方

ミニマルビジネスのお金の話をしています。今までに「関心>信頼>貸し>信用」までをお話ししました。今回は「信用>お金」の流れについてお話しします。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

d57cf9ce3189356edfdf2ac0ac984d97_s

人間関係は「信頼」から始まりますが、ビジネスは「信用」から始まります。「信頼」を「信用」に変え、「信用」を「お金」に変えるまでの手順と手法について考えてみたいと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

cb0d2989095c35eaf071b90a4247158f_s

ミニマルビジネスは1つの商品(ワンアイテム)で起業します。ワンアイテムでビジネスを行うには「あなたから買いたい」という信頼関係が結ばれることがポイントになります。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生後半戦の働き方


「仕事」によって得られる「カネ」は仕事に対する「評価」であり、「働き方」によって得られるのは「対価」となります。

◆仕事の目的


「仕事」に就く時に誰もが考えるのが「好きなこと」「やりたいこと」「できること」と「生活をするため」すなわち「お金のため」という仕事の目的のバランスです。以前も書いたように、仕事は自分が基準になる場合と他者が基準になる場合があります。自分が基準になる「好きなこと」「やりたいこと」はお金のためではありません。生きがいとか社会貢献のためも自分が基準となっています。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生後半戦の働き方

◆カネとは資金である

経営資源の「カネ」とは事業を行うための運転資金を指します。仕事と働き方における「カネ」とは、仕事によって得られる「カネ」と働くことによって得られる「カネ」があります。仕事によって得られる「カネ」とは仕事に対する評価であり、働くことによって得られる「カネ」とは労働に対する対価を意味します。仕事と働き方によって「カネ」の意味は異なります。

◆やりたい仕事・やらなければならない仕事

仕事にはやりたい仕事とやらなければならない仕事があると言われます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ