人生後半戦50代60代のミニマルビジネス・仕事と働き方ともろもろ

人生後半戦の仕事は誰かのため、働き方は自分のため、50代60代は副業・兼業・起業で定年のない人生を


カテゴリ:過去のカテゴリー > 時間

人生後半戦の働き方

ミニマルビジネスを行おうとしても「カネがない、時間がない、何をしていいのかわからない」という「ないないづくし」の方もいるでしょう。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生後半戦の働き方

◆仕事と働くこと


「仕事」と「働き方」の違いは、仕事は「やりたいこと」で「働くこと」は「やらなければならないこと」です。例えば、「ITエンジニアになりたい」と思う人は、ITの勉強はもちろん必要ですし、組織やチームに入って経験を積むことも必要です。この「必要」がやらなければならないことです。「働き方」は「どのようにして働くか」という方法になります。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生後半戦の働き方


◆労働時間


働きすぎと言われる日本、果たして本当でしょうか。少なくともドイツと比べたら統計上は働きすぎかもしれなません。同じ時間数を働いても働きすぎと感じる人と感じない人がいるように、働くのに適切な時間数というのは曖昧です。1日の労働時間数、1週間の労働時間数、1年の労働時間数によっても感じ方は違います。業種・職種によっても労働時間を一律に考えるのも無理があるのではないでしょうか。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生後半戦の働き方

◆時間帯と時間数

仕事と働き方を考えたときに「時間」が意味することは2つあります。1つは「時間帯」で、もう1つは「時間数」です。勤務時間という時には9時から5時までという時間帯と、7時間という時間数の両方を意味しています。仕事を考えるときには「質」で考えるので本来は時間数は関係ありません。また働き方で考えるときには「量」で考えるので時間数は重要な要因となります。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ